2008年03月30日

レーシックは保険適用されるのか?

レーシック手術を受ける際、費用が気になる方もいらっしゃると思います。レーシック手術は決して安いとは言えない手術です。


レーシックの費用は、クリニックにより価格は様々です。片目で20万円以内、両目で40万円以内でおさまると考えてもらえばいいと思います。


この価格は、今後、レーシックが今よりもさらに有名になっていくと、下がっていくのではないでしょうか。また、こんなに高いのなら手が出せない、と思われるかもしれませんが、視力回復成功すれば、めがね・コンタクトレンズ代がいらなくなります。そのことを思えば、人によっては安い投資と言えるかもしれませんね。


そこで気になるのが保険です。


医療保険、生命保険などで払われることとなっている、手術の際の「手術給付金」ですが、病気の場合の手術の際にはもちろんもらえますが、レーシック手術では果たしてもらえるのでしょうか?


レーシック手術も近視という病気の手術と考えればもらえそうな気もしますが、レーシックは自分から申し込んでするタイプの手術なので、手術給付金がもらえるのかもらえないのか、どっちなんでしょう?


応えは「どちらとも言えない」です。生命保険会社によって、レーシック手術の際に手術給付金を払ってくれるか払ってくれないかは、違ってきます。


レーシック手術は近年では日本でも普及してきて有名なものになりつつありますが、まだまだその認知度が足りない結果、このように生命保険会社によって考え方が分かれている、ということでしょうか。


レーシック手術をするとなったら、まずは加入している生命保険会社に聞いてみましょう。加入時期によっても支給されるかどうかは、変わってくるとは思います。