2008年03月10日

レーシックの手術後の注意点

レーシックの手術を受けた後は、視力回復して、めがねもコンタクトレンズもいらなくなり、快適に過ごせていたとします。

しかし、レーシックの手術はそれで終わりではないのです。まあ手術は終わっているのですが、手術後にはいくつか注意点があります。それをしっかりと行ってはじめて、レーシック手術に成功した!といえるのです。


レーシックの手術後には検診に行くことが決められると思います。その検診をさぼることなくしっかり受けていきましょう。


検診を受けることにより、レーシックの手術後に万が一合併症などが起きても、早めに発見して処置することができるようになるのです。


レーシックの手術後の検診はクリニックでもいつ来たらいいのか、具体的な説明があると思いますので、それを守っていれば問題ありません。それ以外でも、目に少しでも違和感を感じたら、我慢せずすぐにクリニックへ相談しに行くようにしていきましょう。


ドライアイにも注意していきましょう。瞬きの回数をわざと増やしてみるとか、遠くを見つめてみたり星を見つめてみたり、自分の目をいたわってあげましょう。


1点を見つめるような作業をする仕事、例えばパソコンなどを仕事に使う方は、長時間見続けることを避け、定期的に休憩をとるようにしていきましょう。