2008年03月10日

レーシック手術後のコンタクトレンズ

レーシック手術を受けた後でも、自分で想像していたほどの視力回復が得られないこともあります。レーシックの効果には個人差があるためです。


このような場合、レーシック手術後でもコンタクトレンズを使用しても大丈夫なのかどうか不安になります。


レーシックで強度近視や乱視治療をする際、角膜を削ります。角膜を削ることにより、レーシック手術前よりもなめらかになっています。ですから、ハードコンタクトレンズをつけた時、以前よりも外れやすいことがあります。逆にソフトコンタクトレンズの場合だと、そのようなことはないようです。


また、レーシック手術後は、暗い場所で光が見えにくいことがあります。レーシックの施術後の約半年間はこう感じる人が多いです。強度近視や乱視のためレーシックで角膜を不通よりも多く削った方やレーシック手術により、近視・乱視が完全に回復しなかった方によくでる症状です。

時間が経過してもこの症状が改善されないような場合には、レーシックの再手術を受けるか、または運転の時や見にくく感じる時だけメガネを使うといった対処法もあります。


また、レーシック手術後の約1ヶ月間は、例え目に疲れなどを感じても市販の通常の目薬は使わないようにしましょう。1ヶ月を過ぎても、レーシックのクリニックから目薬を処方されている場合は、自分の判断で目薬を使わずに、まずクリニックへ相談するようにします。


レーシック 名古屋