2008年03月10日

白内障

白内障という眼の病気は聞いたことがないという人はいないと思いますが、白内障が実際にどんな眼の病気なのかを知っている人は意外に少ないです。


白内障は眼の老化によりおこる病気です。人間の目には水晶体という部分があり、目から入ってくる光が水晶体を通ってきて網膜でピントが合います。人間の目の水晶体は、カメラでいうレンズの役目を果たしています。


水晶体は健康な状態では透明なんですけど、濁ってしまう場合があり光がうまく通らなくなることがあります。こうなってしまうと、目から入る光がまぶしく感じたり、かすんで見えます。カメラのレンズがくもってしまうのです。これが白内障です。


白内障の原因にはいろいろなものがあり、遺伝の場合もあるし、緑内障・糖尿病などの白内障とは別の病気が原因となる場合もあるし、老化により水晶体がにごってしまう場合もあります。


白内障がひどくなった場合には、手術で視力回復をすることが多いです。薬による治療では水晶体のにごりを止めることができないからです。


レーシック手術を受けた人でも、将来的に白内障をおこす可能性はあります。レーシック手術を受けていて、将来白内障になっても、白内障の手術は受けられます。レーシック手術をしているかしていないかは、白内障の手術を受けられるか受けられないかとは関係のないもののようです。